blog

済生会横浜市東部病院広報誌
とーぶたいむ33号表紙イラスト

表紙画「深呼吸の秋」

横浜市鶴見区「済生会横浜市東部病院」の季刊広報誌「とーぶたいむ」。
第30号から表紙イラストを担当しています。
今回4回目でワンサイクル季節が巡りました。
第33号冬号の特集は「大切な足を守る。」

済生会横浜市東部病院
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/

こちらからPDFで情報誌をお読み頂けます
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/ebook/ndc26354339/HTML5/pc.html#/page/1

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

●表紙画のことば

「この足で、歩いていこう」
作品と文:YUYA(2021年12月・切り絵)

新しい年の静かな朝。マフラーを巻いて外へ出てみると、
雪が降り始めていた。富士山もきれいに見える。
楽しい方向へ、今年もみんなで一緒に歩いていきたい。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

特集は「大切な足を守る」。
表紙画は、真っ白な雪が降る新しい年の始まりをイメージしました。
今回もいただいたキーワードの中から抽出してイラストを構成。

今回の「足」をテーマにしている今回の特集、
はじめは足だけをクローズアップしたような
デザイン的作品も頭に浮かびましたが、
表情も含めて前向きに歩いていくイメージが
明るく伝わるような表紙にしたいと思いました。

キーワードでもあったお正月カラーを使い、
富士山と松を季節のモチーフとしてあしらっています。

ぼくの個展で音楽(BGM)を選曲してもらっている友人
吉本 宏さんの音楽コラム「優しい音楽が聴こえてくる」では
opus.4「冬と歩くことと心の関係」を掲載。
(アズテックカメラの1stアルバムが取り上げられています)

そして、全体のアートディレクション+デザインを手がけているのは、
アーガイルデザインの宮良当明さん。
今回も楽しいやりとりで制作できました。
ありがとうございました!

アーガイルデザイン https://argyledesign.co.jp
吉本 宏 https://www.instagram.com/monsieur_espresso/

「とーぶたいむ」今年もまたご覧いただければ嬉しいです。


 

B.LET’S第19回公演
「ひまわり海に咲いた」公演フライヤー

おもて面のデザイン

劇団 B.LET’S(ビーレッツ)第19回公演『ひまわり海に咲いた』
のフライヤーデザインを担当しました。
短い紹介文を引用すると、

 静かな田舎町で起こった、二つの立てこもり事件。
 無力と不運を他人のせいにしていた母親が、
 子供たちの為に変わり始める。

花火職人も出てくる話。あらすじを読んでみてから考えたのは、
ストーリー自体を説明する絵というよりは
想像が膨らむようなイラストにしたいと思いました。
本の表紙などもそうなのだと思いますが、
ストーリーの一場面を説明的に描くのではなく、
もう少し想像を広げられる別なモチーフを持ってくる考えで。

花火、ひまわり、工場、咲く…。
いくつかのキーワードから新たなイメージを作り。
花火のような、ひまわりのような明るい花が広がって咲く。
そんな絵のイメージが生まれました。
抽象的であり、でもあたたかい絵。
そういうイメージなったらいいなあと制作したフライヤー。


B.LET’S 第19回公演
●ひまわり海に咲いた
上演:2021.12月22日(水)〜26日(日)
会場:studio ZAP!/新宿区市谷台町4-2大鷹ビルB1
都営新宿線「曙橋」駅より徒歩3分

劇団 B.LET’S(ビーレッツ)
https://www.blets.net

会場 studio ZAP!
https://studio-zap.jimdofree.com


裏面のデザイン

今回、実はとても時間が無い状況での制作になりましたが、
そういう時こそ不思議な集中力が出て、
すんなりできることもあるような・・・
というパターンだった気がします。
演出家の滝本さんに喜んでいただけたので良かったです。


 

アトリエ・フォーク5周年

ぼくたちの工房「アトリエ・フォーク」がおかげさまで5周年を迎えました。
いつもあたたかく応援していただき誠にありがとうございます。
今はインスタグラムなどSNSで投稿を見て読んでくださる方が多いので、
みなさんの応援が実感できてとても励みになっています。
いつもありがとうございます。

何の馴染みもなかった中野で家を見つけて引っ越してきて、早5年。
ありがたいことに、最初からヒマな時間は一切無く、
常に忙しく走り続けた5年間だったように思います。

このウェブはぼくの作家ページなので自分のこと中心に書きますが、
ぼくの仕事はいま、
・年に2本の個展(東京・関西または地方)の活動。
・イラストやデザインの受注仕事。
・オリジナル商品を全国のお店へ販売する仕事。
・オンラインで自分たちで行う通販。
という、4つの柱からなっています。
それぞれに性格の違う仕事でありながら、
お互いに大きく関係し合っているとも言えます。

ぼくたちは合同会社として運営していますが、
どれかがダメになっても倒れてしまわないよう、
一つの仕事に頼り過ぎた状態にならないように
いろんな仕事から少しずつ収入を得ることを
アトリエをスタートしたときから考えていました。
実際に今そういう感じになっており、
あの考えは今思えば正しかったと思います。
会社としての売り上げも毎年順調に伸びています。

ぼくは歳をとってからの最終的な地点としては、
いわゆる職業イラストレーターという感じよりは、
作家活動をメインにした活動にしていきたいと今は考えています。
その目標に向かって少しずつ、歩いていきたいです。
5周年に思ったことを少し、でした。

いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

YUYA



2021-11-25 | Posted in blog, column コラムComments Closed 

 

宝塚 ミズタマ舎
ショップカードデザイン2022

正方形のショップカード

清荒神の新しいミズタマ舎
ショップカードデザイン「器と白い鳥」

お店が清荒神へ移転することになったとミズタマ舎の店主の平山二朗さんから2020年の秋頃にお知らせをもらい、その後、新しいショップカードを作って欲しいとご依頼があった。以前の大阪の緑地公園時代のショップカードもぼくが作らせていただき、カードに使った原画もお店にいつも飾ってくださっていた。新しい商品を置いてもらったり、個展をさせてもらったり。ぼくたちが中野にアトリエを開いて独立する前から仲良くしてもらっている。

新しいショップカードの絵は、大胆な構図にしたいと思っていた。ジローさんが好きな柳宗理がデザインしたプロダクトのパッケージのような日本的でモダンな色合いと雰囲気も頭にあったと思う。青空の中、大きな白い鳥が器に囲まれて楽しそうに佇む図案。ドラえもんやアンパンマンはとても丸い顔をしていて、長い間たくさんの人から親しまれている。末長く愛されるお店となるように願って、丸くおおらかな形の鳥を描いた。新しいショップカードは、手にとって持ち帰り、壁に飾りたくなるような正方形のデザインとした。

ミズタマ舎ショップカードデザイン
サイズ:90*90mm正方形
4Cオフセット印刷

おもて面のデザインは作品「器と白い鳥」を全面に

裏面には地図とショップ情報を

ミズタマ舎
兵庫県宝塚市清荒神4-17-5
mizutamasya.com


 

日本ビスカ株式会社
企業カレンダー2022イラスト提供

1月の作品は「リースの中の鳥」

医療関係を中心としたシステム開発やプロダクトを
第一印象であるデザインにもこだわって制作されている企業、
日本ビスカ株式会社様の企業カレンダーのイラストを担当しました。
今までのぼくの切り絵作品の中から12点選んで提供しています。
自分では作ることがない大きい壁掛け式カレンダー。
色調整も丁寧にしてくださり、良い雰囲気のカレンダーが出来上がりました。

日本ビスカ株式会社
https://www.visca.co.jp

◎日本ビスカ株式会社 企業カレンダー2022年版
パッケージサイズ:たて230mm*横230mm
壁掛け時サイズ :たて445mm*横230mm
デザイン:日本ビスカ株式会社
イラスト:YUYA(Atelier FOLK)

*医療関係へご提供されるための製品で販売されておりません

各月に正方形の作品が大きく使われています

季節感と色合いに合わせて作品を選びました

表紙の見開きと最後のページの見開き

最終ページはぼくの紹介もしていただいています

壁掛けの器具がついていて飾りやすいカレンダー


 

株式会社トンボ カタログ「KIRAKU」2021 イラストレーション

表紙イラスト

「トンボ学生服」で広く知られる岡山拠点の株式会社トンボ。
ヘルスケア本部が手がける介護ユニフォームのカタログ「KIRAKU」。
カタログの表紙イラストを担当して4年目になります。
このカタログを見ていると、介護ユニフォームは今さまざまなスタイルに対応され、
介護の仕事が明るく楽しくできるよう一つのファッションとして
大切に制作されていると感じます。

株式会社トンボウェブサイト http://www.tombow.gr.jp
KIRAKU ウェブサイト http://www.kiraku.gr.jp

前回2020-2021年版は植物モチーフの切り絵でした。
今回の作品は、元気が出る色合いとかたちをイメージし、
自由な架空の植物モチーフを描きました。
葉が茂って花が咲き、フルーツがなる。
出会って接しながら、少し重なったり、変化したり。
お互いを大事にしながら、みんなで一緒にいる中で
穏やかな笑顔になっていく。そんなイメージを表した作品です。

今回も昨年同様、お会いしての打合せができない状況で進行となりましたが、
前向きな作品ができてよかったと思います。

表紙

裏表紙

装丁全体

プロフィール紹介ページ


 

ちょっきんきりえ展 in 芦屋
「あしたの朝」終了レポート

兵庫県の芦屋にある複合ショップ、スペースRでの個展が終了しました。今回の個展は今年6月に渋谷で開催した「あしたの朝」と同じテーマですが、渋谷でもたくさん作品が旅立ったため、ほとんど新作に入れ替えての新たな展示となりました。
日々いろんなことがあり、良いことも良くないこともある。でも、朝の明るい光が射せばちょっと希望が持てる気がします。そんな「希望の光」を思いながら、日々生まれた作品を展示しました。

開催データ
YUYA EXHIBITION 2021
ちょっきんきりえ展 in 芦屋「あしたの朝」
会期:2021年10月2日~10日
会場:芦屋スペースR(3階ギャラリー)

神戸での個展は過去に数回ありましたが、芦屋では今回初めての開催。明るい光が入るスペースRの3階のギャラリーはとても心地良い空間で白い壁に作品がよく映えました。ズラリと壁に飾った切り絵は26枚。その向かいの壁と什器の上にドローイング作品が14枚。合計40枚の作品の展示となりました。

初日からたくさんの方にお越しいただきました。スタート時はなんと整理券も配られて、始まるとあっという間にどんどん作品の行き先も決まっていき…本当にびっくり嬉しいスタートでした。待っててくださった方がたくさんいらっしゃることに心から感謝。

昨年の大阪の個展でお会いした方。何年も前の神戸の個展にいらしてくださった方。今回初めての方も多数。インスタグラムを熱心に見てくださっている方も多いようで、ぼくが日々インスタに書いたちょっとしたことまで、それについて質問や感想をいただいたり、本当によくお読みいただいていることにもびっくり。応援してくださってるのだなあとありがたい気持ちです。

ぼくが在廊したのは2日間でしたがたくさんの方とお話できました。絵を前にしていろんなお話ができ、いろんな質問をいただいてお答えしたり。ご家族で来てくださりお子さんも楽しそうに絵を見ている様子にとても嬉しくなりました。今後も世の中の状況はどうなるか分かりませんが、やはりこうして皆さんにお会いできる個展はやはりありがたいなあーと思います。

今回、妻の体調が思わしくないため自分一人での在廊だと思っていましたが、音楽選曲をしてもらっている吉本 宏さんが駆けつけてくれ、設営から最初の土日に一緒に在廊してくださいました。吉本さんとはもう14年くらいの付き合い、気を使わず何でも話せる先輩。ずっと仲良くしてもらっています。本当にありがとうございました。今回の選曲はブラジル音楽(ボサノヴァ)中心で軽やかで心地よい音楽。

今回も本当にたくさんの方に作品をお迎えいただきました。全体の9割の作品が旅立ち、感謝の気持ちでいっぱいです。個展の在廊を終えて東京へ戻ってから、作品をお迎えいただいた皆さまにThank youカードを描きました。選んでいただいた作品のモチーフをマッキーのペンで1枚1枚描いています。作品とカード、展示した短い文章も一緒に同封していつもお渡ししています。

今回の切り絵作品とドローイング(線画)作品。切り絵は元気な感じのものから、穏やかで優しいものまで色々制作しました。ドローイング作品は今年6月の渋谷の個展から始めたのですが、明るい色合いと切り絵よりもふわりとした雰囲気(と言われます)も思った以上に好評で、今回の芦屋でもほとんどの絵が旅立ちました。たくさんの方に選んでいただき感謝です。

会場では絵の原画のほかアトリエ・フォークの商品もいろいろ販売しました。カレンダーは特に人気でA5サイズ切り絵カレンダーはあっという間に無くなってしまい、追加してもまた無くなってしまいました。今回買えなかった方には申し訳ありません(アトリエのオンラインショップでも終了しております。あとは取扱店へお問い合わせください。詳しくはぼくのインスタグラムをどうぞ)。壁に貼ったポスターカレンダーも好評で、手に取ってくださる方が多くうれしかったです。そして妻スパロウ作のフード、ジャムと焼き菓子もたくさんの方に楽しみに選んでいただきうれしかったです(次回は一緒に来れるよう回復を待ちます)。

そして、会場のスペースRの皆さまにも、大変お世話になりありがとうございました。スペースRは雑貨のイベントも多いそうなので、普段とは違う会場レイアウトの希望にご対応いただき、色々大変だったかと思います。ご対応心より感謝いたします。

日々たくさんの方に応援して支えてもらっているのだなあと今回の芦屋の個展でも改めて強く実感しました。そんな皆さんの毎日に寄り添えるような優しい絵を描いていきたいと思います。個展へいらしてくださった方、また遠くからも多くのメッセージやコメントをいただきました。いつもたくさんの応援をありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします!

YUYA


2021-10-11 | Posted in blog, column コラム, exhibitions 個展, information お知らせComments Closed 

 

済生会横浜市東部病院広報誌
とーぶたいむ32号表紙イラスト

表紙画「深呼吸の秋」

横浜市鶴見区にある病院「済生会横浜市東部病院」で配布される広報誌
「とーぶたいむ」が第30号からリニューアルされ、
表紙イラストを担当しています(今回で担当3回目)。
今回発行の第32号の特集は「秋から冬へ。気になる肺の病気。」

済生会横浜市東部病院
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/

こちらからPDFで秋号を読むことができます
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/ebook/ndc28736478/HTML5/pc.html#/page/1

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

●表紙画のことば

「深呼吸の秋」
作品と文:YUYA(2021年9月・切り絵)

落ち葉が降り積もり、辺りはあたたかい秋色の風景へと変わっていく。
外へ出てゆっくり深呼吸すると、二羽の鳥たちはさえずりながら
うれしそうにこちらを見ていた。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

特集は「秋から冬へ。気になる肺の病気」。
表紙画は、秋の風景そして今回のテーマである肺を意識した作品です。
今回もいただいたキーワードの中から抽出してイラスト構成を考えました。

今回の「肺の病気」という内容の特集ですが、
前向きなイメージを持ちながら明るくあたたかい
イラストにできたらと思いながらスケッチをスタート。
フランスのポスター作家、レイモンド・サヴィニャック的に、
ユーモアでモチーフを置き換える手法で、
軽やかで明るい方向へ持っていきたいと思いました。

「肺をいたわる・大事にする」というイメージを
向かい合う二羽の鳥モチーフに置き換えて表しています。
まわりに秋の植物の感じを季節モチーフとして置いています。

ぼくの個展での音楽(BGM)も選曲してもらっている
友人・吉本 宏さんの音楽コラム「優しい音楽が聴こえてくる」では
opus.3「秋と深呼吸と心の関係」を掲載。

そして、全体のアートディレクション+デザインを手がけているのは、
アーガイルデザインの宮良当明さん。
今回もお互いに楽しいやりとりで制作しました。
ありがとうございましたー。

アーガイルデザイン https://argyledesign.co.jp
吉本 宏 https://www.instagram.com/monsieur_espresso/

「とーぶたいむ」今後ともご覧いただければ嬉しいです。


 

YUYAポスターカレンダー2022「あしたの朝には」A2size 10/6発売

YUYA Poster Calendar 2022
切り絵作家YUYA
ポスターカレンダー「あしたの朝には」


定価:900円税込
2021年10月6日オンライン発売予定
*10/2からの芦屋の個展会場で数量限定で先行販売予定

アトリエ・フォークwebshop
https://atelierfolk.thebase.in

*送料 180円のスマートレター(日本郵便)でお届け可能


大判A2サイズのポスタータイプの新しい商品が生まれました。
使用した作品は、ドローイング作品「あしたの朝には」。
新たな作風、自由にのびのび描いた鉛筆の線画です。
大きな木のもとに鳥が2羽、太陽も顔をのぞかせました。
楽しい作品とともに楽しい一年をお過ごしください。
初制作の商品で少量生産のため当ショップ限定販売です。
お早めにどうぞ!


1枚で12か月が表示された大判ポスターカレンダー。
ラフにマスキングテープで壁に貼ったり
大きな額に入れたりしてお楽しみ下さい。
折りたたんでパッケージしているため、
もともと折り目が付いています。

折り目も味わいとしてお楽しみいただければ幸いです。
*折り目があることをあらかじめご了承のうえご購入ください
*写真と実物の色合いが若干異なる場合があります


◎カレンダー仕様
A2サイズ(420 × 594mm)
表紙(解説付き)
オフセット印刷
紙厚 90.5kg(マット紙)
OPP袋入り
*8等分に折りたたんだ状態でパッケージ


当ポスターカレンダーは初制作で部数が少ないため、
卸販売はご対応しておりません。
アトリエ・フォークのオンラインショップ、
及び個展会場のみの限定販売となります。


イラスト・デザイン・文:YUYA(Atelier FOLK)
企画・制作・販売:アトリエ・フォーク

8等分に折りたたんだ状態でパッケージしています。
そのため、ポスターにはあらかじめ折り目がついています。
それも味わいとしてお楽しみください。

部屋の壁にじかにテープで貼った状態。
色使いも抑えたデザインなので、すっきりとした印象で飾れます。

線画の作品「あしたの朝には」を大きく使った、
A2サイズの大判カレンダーです。
写真のように、あらかじめ8等分の折り目が入っています。

畳んでパッケージした状態はA5サイズ。
OPP袋に入れ、おもてに表紙を付けてお届けします。
裏表紙に作品のエピソード付き。


 

YUYAカレンダー2022「ちょっきんきりえ12か月」カード式 10/6発売

YUYA CALENDAR 2022
切り絵作家YUYAカレンダー|ちょっきんきりえ12か月


定価:1430円税込
2021年10月6日オンライン発売予定
*10/2からの芦屋の個展会場で数量限定で先行販売予定

アトリエ・フォークwebshop *完売となりました*
https://atelierfolk.thebase.in

*送料 180円のスマートレター(日本郵便)でお届け可能


当カレンダーの取扱店
こちらのインスタグラム記事をご覧ください。
随時情報を更新(完売した等)しています。

A5切り絵カレンダー取扱店リスト
https://www.instagram.com/p/CUyam2HPf89/


季節の移ろいを感じながら、切り取って生まれる日々のカタチ

切り絵作家YUYAの作品を使った2021年のカレンダー。
色合いやモチーフなど季節感を盛り込んだ切り絵に、
読みやすい文字をシンプルに合わせたA5サイズのカレンダーです。
額縁に入れて飾ったり
マスキングテープでラフに壁に貼ったり
スタンドに置いたり
手軽に楽しんでいただけるカレンダーです。
切り絵作家YUYAの作品とともに
楽しい一年をお過ごしください。


◎カレンダー仕様
A5サイズ:148 × 210mm
12か月バラ・表紙付き
作品紹介文付フライヤー同封
オフセット印刷・紙厚206kg
OPP袋入り
*写真のため色合いが実物と若干異なる場合があります


◎ショップの皆様へ(卸販売のお知らせ)
卸販売もご対応しております。普段お取り引きのないお店でも、
カレンダーのみ10冊からご注文お受けします。
13冊以上ご注文で送料弊社負担となります。
(あわせて別商品ご注文も可能です。)
お店のURLリンクを添付いただき下記メールまで
お気軽にお問い合わせください。

メール info@atelier-folk.com


イラスト・デザイン・文:YUYA(Atelier FOLK)
企画・制作・販売:アトリエ・フォーク

色鮮やかな12枚の作品。

個展で発表している切り絵作品をそのまま使っています。

マスキングテープで1枚壁に貼ったり。

市販の簡易なスタンドに置いたり。

クリップで留めて壁に飾ったり。

作品のエピソードを添えた2つ折りのフライヤー付き

一年間作品をおたのしみいただければ幸いです!


 

ちょっきんきりえ展 in 芦屋スペースR
あしたの朝|10/2-10開催

兵庫・芦屋の複合ショップ「スペースR」で個展を開催します。
切り絵やドローイングの作品原画を中心に
ファブリックやポストカード、毎年人気のカレンダーなど‥‥
アトリエ・フォークのオリジナルアイテムや、
妻・スパロウ圭子の焼き菓子やジャムも並びます。
日々の暮らしの中から生まれる色鮮やかな作品をお楽しみください。

展示DM使用作品「あしたの朝」

YUYA EXHIBITION 2021
ちょっきんきりえ展 in 芦屋「あしたの朝」

散歩で見かけた植物や動物、見に行ったアートや、さっき聴いた音楽‥‥
ぼくの作品は、日々の中のモチーフから生まれる日記のような絵です。
みなさんの暮らしの中でも楽しんでいただけますように。
YUYA(切り絵作家・Atelier FOLK代表)

会期 2021年10月2日(土)~10月10日(日)無休
開場 11:00~19:00
作家在廊日 10/2(土)・10/3(日)

*フード類(焼き菓子・ジャム)は初日から販売、売り切れ次第終了

会場 SPACE R 3階「Gallery R」

兵庫県芦屋市茶屋之町1-12 スペースR 3階
TEL:0797-38-2949
http://www.ryu-ryu.com

会場へのアクセス
JR芦屋駅南口より徒歩5分、国道2号線を越えてすぐ。
阪神芦屋駅より山側へ8分。
阪急芦屋川駅より南東へ15分。
車で阪神高速芦屋出口より5分。

会場のスペースRでの個展告知はこちら
http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=1071

インスタグラム

インスタグラムも日々更新しています。ぜひご覧ください。

◎作品・文
切り絵作家YUYA @yuya_chokkin_kirie
https://www.instagram.com/yuya_chokkin_kirie/

◎フード販売
スパロウ圭子(食のアトリエ・スパロウ) @sparrow_kei
手づくりの焼き菓子とジャムを販売
https://www.instagram.com/sparrow_kei/

◎音楽選曲
吉本 宏(bar buenos aires/resonance music) @monsieur_espresso
会場に流すBGMを選曲していただいています
https://www.instagram.com/monsieur_espresso/

<ご来店のお客様へ>
*イベントは事情により中止・変更する場合がございます。
*発熱や風邪症状のある方は、ご来店をお控えください。
*マスク着用や入店時の手指の消毒など、感染予防対策にご協力をお願いします。
*混雑緩和のため、一時的に入場制限させていただく場合があります。
入場や会計でお待ちいただく時間があることを予めご了承ください。
*初日(10/2)は混雑が予想されるため、朝10時半から整理券を配布させていただきます。
オープン後は整理券の番号順に展示の観覧、作品の販売を行わせていただきます。
お買い物は、30分以内にお済ませください。
*本展会期中、スペースRでのオンラインショップの予定はございません。

展示する作品の中からいくつかご紹介します。
切り絵やドローイングの作品はすべて販売予定です。

25センチ角の切り絵作品

25センチ角の切り絵作品

25センチ角のドローイング作品

25センチ角のドローイング作品

20センチ角のドローイング作品

羽ばたく鳥と黄色い花

MORN(朝)

猫と蝶

スパロウの手づくりの焼き菓子とジャムも初日から販売します。
売り切れ次第終了となります。ご了承ください。

*今回スパロウ圭子の在廊はありません

みなさまのご来場お待ちしております!


2021-09-03 | Posted in blog, column コラム, exhibitions 個展, information お知らせComments Closed 

 

洋菓子店 Polka dot.
お菓子ラベル+ラッピング紙デザイン

九州・鹿児島の洋菓子店Polka dot.(ポルカドット)。
今回マドレーヌ用のラベルと、
それを箱詰めした時のラッピングペーパー(オビ的に巻く紙)
のデザインを担当しました。

● Polka dot.(ポルカドット)
営業時間 10:00〜18:00 不定休
住所:鹿児島県鹿屋市寿5丁目18-4 寿ビル106
電話:0994-35-1716

お店のインスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/polka_dot.kanoya/

文字の鳥のモチーフで色はカラシ色系の黄色が良いこと。
リクエストもはっきりとお持ちでしたので
デザインもサクサクと進みました。
お気づきかも知れませんが、
「POLKADOT.」ポルカドットと鳥の文字で表したデザインです。
真っ黒の紙で切り紙をして型を取ってから、
PCへ読み込んでレイアウトしてデザイン。

制作始めるまでにだいぶお待たせしてしまいました・・・
店主さんのお子さまにも喜んでいただけたようでうれしいです。
ありがとうございました。

マドレーヌ用のラベルは背景・鳥の体の白は共通で、
顔の部分をバリエーションで青・赤・グレーに。
当初は1配色で予定してましたが、
やはり3色あった方が楽しいとのことで。

ラッピングペーパーは、
マドレーヌを詰め合わせた箱に巻きます。
ラベルのモチーフを繰り返してデザイン作成。
こちらは黄色*グレーのものとなりました。
(お悔やみに変われる方もいらっしゃるため)


 

パナソニックのアプリ
SUMU SUMUにアトリエ掲載

●アプリSUMU SUMUにアトリエ掲載●

パナソニックが運営する住まいとくらしの情報アプリSUMU SUMU(すむすむ)より
初夏に家の取材を受けました。

ライフスタイルの専門家に教わった暮らしを彩るヒント
「日々を楽しむ小さな工夫」というコンテンツで3回シリーズで掲載。
すでにvol.1-3まで掲載されています。

SUMU SUMUウェブサイト(現在掲載はアプリのみ)
https://sumai.panasonic.jp/sumu2/

⚠️記事を読むにはアプリが必要です。
スマホのアプリ検索にて「ひらがな」で「すむすむ」と入れて検索。
スマホにSUMU SUMUのアプリをインストールしてお読みください。

*上記ウェブサイトにも過去の記事がありますが、
最近の記事は読めないようです。

主に収納テーマの話です。
とてもコンパクトな家なのに本、CD、材料、商品…モノが多い。
家と収納との関係やディスプレイと収納の考え方。
など取り上げていただいています。

———————————–

パナソニックのアプリSUMU SUMU(すむすむ)
@sumai_panasonic

◆日々を楽しむ小さな工夫◆ 023
切り絵作家YUYAさん
パン・お菓子研究家 スパロウ圭子さん

●vol.1
オープンアトリエを兼ねる住まいは、
可動棚でフレキシブルにシーンを変更

●vol.2
資材や材料、商品ストック…。
仕事の荷物も壁面収納で使いやすく

●vol.3
コンパクトな空間でも工夫を凝らして
たくさんのお気に入りと暮らすコツ

———————————–


2021-08-28 | Posted in blog, column コラム, information お知らせ, media メディア掲載Comments Closed 

 

三軒茶屋Cafe Cafe
シンボルマークデザイン

Cafe Cafe は、良質な食材で丁寧に手作りした料理やスイーツで、
長くリピーターに愛され親しまれている世田谷・三軒茶屋のカフェ。
カップのフォルムと顔の表情で店主・堀夫妻の優しく親しみやすい人柄を、
二人とも帽子(通称コック帽) をかぶる姿にすることで、
二人がそれぞれに料理を手がけるお店であることを表現した。
居合わせたお客さんもつい言葉を交わしてしまうようなあたたかいお店が
20周年を迎えてデザインのリニューアルをお手伝いさせていただいた。
末長く愛されるお店でありますように。
(2021年7月16日)

昨年のある日、カフェカフェの店主・堀さん夫婦から
「20周年を迎えるからマークを作ってもらいたい」とお話をいただいた。
カフェカフェにはどういう雰囲気が合うだろう?あれこれ考えた。
美味しいフードを提供するお店であることはもちろんだけど、
優しい堀夫妻がいるあの場所で一息つくために訪れる人も多いはず。
20年続いてきてたくさんの人に親しまれるお店のマーク。
やっぱり二人のことを表すようなマークにしたいと思った。

かわいい・気取らない・優しい・楽しい・明るい。
いろんなキーワードがあれこれ浮かんだけれど、
シンプルに素直にそれを絵で表すと自然にでてきたカタチ。
その後、楽しいやりとりをして素直でかわいいマークが生まれた。
これからのカフェカフェを楽しみにしています。

●カフェカフェ
東京都世田谷区下馬2−20−5
(三軒茶屋駅から徒歩約8分)
https://www.cafecafe.info/


 

チャランガぽよぽよ公演イメージイラスト

坂上領さん(フルート)&帆足彩さん(ヴァイオリン)率いる音楽グループ、ラテン系脱力バンド「チャランガぽよぽよ」。ホール公演企画としての「ファミリーコンサート」のフライヤー・ポスターのためのイラストレーションを担当しました。

以前「チャランガぽよぽよ」が発表されている2枚のCDアルバムのジャケットのアートワークを担当させてもらったのですが、今回は公演などを企画する会社「オーパス・ワン」よりご依頼いただき、イメージイラストを担当しました。セカンドアルバムの雰囲気とイメージを膨らませながら、チャランガぽよぽよの楽しいコンサートを思い浮かべてイラストを作成しました。

曲中に出てくる歌詞のモチーフや、この曲は定番だという情報などからご相談し、イラストのモチーフを決めて構成していきました。CDのジャケットを描いてから時間も結構経っており、モチーフはまた違った今の表情になっているかと思います。(これはイメージイラストで、フライヤー・ポスター用には、文字が入るスペースを取った別バージョンのものを用意しています)


●株式会社オーパス・ワン http://opus-one.jp
– 同ページ内 チャランガぽよぽよページ http://opus-one.jp/projects/1836/

●チャランガぽよぽよブログ https://ameblo.jp/chara-poyo/
– 坂上 領 Flute https://www.ryosakagami.com
– 帆足 彩 Violin https://ameblo.jp/ayamusi/
– 高瀬 ”makoring” 麻里子 Vocal http://www.makoring.com/blog/


坂上さんと帆足さんは先日のぼくの渋谷の個展にも寄ってくださいました。いつも仲良くしてくださってうれしく思っています。音楽と美術。ジャンルが違う仲間もまた良いなあと思います。お二人ともいつも活発に音楽活動をされています。以前、ぼくもこうしたコンサート企画に関わる仕事もしていたので、興味深い仕事でもありました。もともと、坂上さんとは別なミュージシャンの方のご紹介でお会いし、その後、帆足さんに出会い。今回オーパス・ワンさんよりお声がけいただき、このような機会をまたいただき感謝!どうもありがとうございました。安心してコンサートを開いたり人が集まったりできる日が早く訪れますように願っています。


↓ 以前担当したセカンドアルバムのジャケットアートワーク
「チャランガぽよぽよ2」2018年発売


 

済生会横浜市東部病院広報誌
とーぶたいむ31号 表紙イラスト

横浜市鶴見区にある病院「済生会横浜市東部病院」で配布される広報誌
「とーぶたいむ」が第30号からリニューアルされ、
表紙イラストを担当しています。
今回発行の第31号の特集は「こどもを考える夏にしませんか?」。

済生会横浜市東部病院
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/

こちらから、この広報誌をPDFで読むことができます
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/26640/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

●表紙画のことば

「夏休みには」
作品と文:YUYA(2021年6月・切り絵)

夏休みには、海へ行ったり、キャンプをしたり、
かぶと虫をとったり、アイスを食べたり、
あれもこれもしたいな。
モクモクの入道雲と大きな太陽と
優しい三日月がきみを見ています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

今回の特集は「こどもを考える夏にしませんか?」。
表紙画は、夏休みの風景をテーマにしています。
いただいたキーワードの中から抽出して絵の構成を考えました。
夏休みのこどもに戻った感覚も持ちつつ・・・
色合いも夏らしく気に入っています。

病院の広報誌なので医療コラムが中心ですが、
ぼくの個展での音楽(BGM)も選曲してもらっている
友人・吉本 宏さんの音楽コラム「優しい音楽が聴こえてくる」も連載。
(今回は、opus.2「夏とこどもの音楽と心の関係」)

そして、全体のアートディレクション+デザインを手がけているのは、
アーガイルデザインの宮良当明さん。
今回もお互いに楽しいやりとりで制作しました。

アーガイルデザイン https://argyledesign.co.jp
吉本 宏 https://www.instagram.com/monsieur_espresso/

「とーぶたいむ」今後ともご覧いただければ嬉しいです。


 

ちょっきんきりえ展12
「あしたの朝」終了レポート

東京で12回目となる個展が終了しました。
昨年に引き続き感染症のこの状況の中での開催。
不安がある中、本当にたくさんの方に足を運んでいただき感謝いたします。
今回も渋谷ハオス&テラスの2階「テラスギャラリー」にて開催。

YUYA EXHIBITION 2021
ちょっきんきりえ展12「あしたの朝」
2021年6月5日〜13日(月曜休)
会場:ハオス&テラス(2階)

明るい作品が並びました。切り絵は25センチ角の正方形サイズ。
壁にかけたり、スタンドで台や棚に置いたり。
会場BGMは友人の吉本宏さんの心地よい音楽が鳴っています。

平日も土日もたくさんの方にお越し頂き、
じっくり作品を見ていただくことができ、
多くの感想や質問もいただきました。
実際にお会いしてお話するのがとても嬉しい時間でした。

中でも「元気をもらいました」
「コロナのことを忘れられました」
「オアシスのような空間でした」などのお言葉には、
個展をやって本当に良かったと心から思いました。
実際にみなさんにお会いできて作品を前にしていろんなお話ができる。
個展は自分の活動でも特に喜びを感じる仕事です。

こちらは切り絵の作品。
色とりどりの色紙を使った自分のライフワークです。
その日の朝に思いついて、素早く作品にする。
そんなスピード感も自分には合っているように思います。
部屋にあったら元気になる。
暮らしにさりげなく寄り添ってくれる。
楽しい気分になる。
そんな作品なら良いなと思いながら日々作りました。

そして今回新たな試みとしてやってみた「線画」。
一部アクリルガッシュ(絵の具)の着彩をした上に鉛筆で描いた線画。
線画は初めてなので少し試行錯誤の上このシンプルで楽しい方法に。
これが予想以上に好評でとてもうれしかったです。
ありがたいことに6点とも売約となりました。感謝。

切り絵や線画の下描きスケッチも壁に貼りました。
その前の机に仕事で手がけたイラストやデザインの閲覧スペース。
こちらも多くの方にご覧頂きました。

そしてデザインアイテムも販売しました。
キッチンクロスや手ぬぐい、ガーゼハンカチなど、
本当にたくさんの方に購入いただき感謝です。

妻スパロウ圭子の手づくりフードも販売。
パン、お菓子、ジャム。
完売となりました。

これはぼくが子どもの頃から親しんだ母の味「トスカケーキ」。
このお菓子もスパロウが作ってくれて販売しました。
最後の週末にも追加したのですが、
人気ですぐに完売となってしまいました。
ありがとうございました。

これは、絵を選んでいただいた方に、
作品と一緒にお渡しするため、
会場でマジックで描いたお礼のサンキューカードです。
今回たくさんの作品が売約となりました。
作品を選んでいただき心から感謝いたします。
実際いろんな家へ旅立ち、部屋に飾られ、
日々絵を楽しんでいただけることがとてもうれしいです。

強いメッセージや何かを声高に伝えるのではなく、
日々の暮らしにさりげなく寄り添う作品。
インテリアにもなって部屋を飾る絵。
ふと見ると明るい楽しい気分になる。
そんな絵が作れたら良いなといつも思いながら制作しています。

また今回、会場クローズの19時から、
毎晩インスタライブをお届けしました。
こういうの出るのも喋りもとても苦手なんですが・・・
絵を描く内容のライブにすることで、
だんだんとリラックスしてできるように(笑)
遠方で個展へお越しいただけない方々にも、
少しでも楽しんでいただけたら良いなあと思いながら。
見てくださった方ありがとうございました!
(写真の海+ヨットの絵はインスタライブで作った切り絵)

10月には兵庫での個展を予定しております。
また新しい作品が中心になりますので、
ぜひお近くの方は足を運んでくださると幸いです。


渋谷の個展「あしたの朝」へご来場いただき、
誠にありがとうございました。
そして遠くからいつもたくさんの応援感謝いたします。
これからすべてが良い方向へ向かっていきますように。

YUYA


2021-06-16 | Posted in blog, exhibitions 個展, information お知らせComments Closed 

 

2種類の啓発書籍
カバーイラストレーション

表紙カバー(帯を外した状態)


5月28日ディスカヴァー・トゥエンティワンより発売となる
翻訳自己啓発書(2種類)のカバーイラストを担当しました。

太陽、大きな木、雨、セリフ、思い浮かべる、一歩踏み出す・・・など
キーワードをもとにアイコンのようなイラストを描きました。
切り絵からデータに加工したシルエット。
楽しく考え極力シンプルな絵を作りました。
今回ぼくのイラストを使ってカバーをデザインしてくださったのは
グラフィックデザイナーの吉田孝宏さん。
同系色の濃淡でまとめた大人のデザインが素敵です。

ディスカヴァー・トゥエンティワンより発売
どちらも、ゲイリー・ジョン・ビショップ・著 高崎拓哉・訳
●あなたはあなたが使っている言葉でできている(カバー替え新刊)
●どうしようもない不安を乗り越えるとんでもなく賢い人生の送り方(新刊)

ディスカヴァー・トゥエンティワンwebsite
https://d21.co.jp

裏面
帯をつけた状態(販売される状態)


 

ちょっきんきりえ展12「あしたの朝」
6/5-13開催


DM使用作品「モーニング」

あしたの朝が楽しみ
切り絵作家YUYA、12回目の個展

作品原画を中心に、手ぬぐいやキッチンクロスなどの布雑貨や、
ポストカードやグリーティングカードなどの紙アイテムも販売します。
妻・スパロウ圭子の手づくりパン・お菓子・ジャム、
友人・吉本 宏さんが選曲した会場BGMもお楽しみください。

YUYA(切り絵作家/Atelier FOLK代表)


YUYA EXHIBITION 2021
ちょっきんきりえ展12「あしたの朝」

会期
2021年6月5日(土)−
13日(日)*6/7(月)休み
11:00~19:00
(最終日17:00まで)
*会期中は作家在廊

会場
haus & terrasse ハオス&テラス(2階)
https://def-company.co.jp/hausandterrasse
東京都渋谷区渋谷1-20-3
tel.03-6427-5705
アクセス
・渋谷駅より徒歩9分
・表参道駅B2出口より徒歩10分
(下記の画像の地図もご参照ください)


フード販売:スパロウ圭子(食のアトリエ・スパロウ/Atelier FOLK)

妻スパロウ圭子の手づくりフードを販売します。
パ ン 6 / 5・6(土・日)のみ販売
お菓子・ジャム 6 / 5(土)から販売
*全て売り切れ次第終了

音楽選曲:吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)

会場に流れる心地よい音楽は
友人・吉本さんが選曲してくださっています。
http://resonancemusic.jp

◎ご来場にあたって感染症対策のお願い

ご来場の際には、感染症対策として「マスク着用」と
入口での「アルコール除菌」にご協力をお願いいたします。
また、状況によりご入店をお待たせする場合もあります。
あらかじめご了承ください。
体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。

*感染症の状況により開催に変更事項が出た場合は追記いたします

◎インスタグラム日々更新中

YUYA(作品・文)
@yuya_chokkin_kirie 
https://www.instagram.com/yuya_chokkin_kirie/
スパロウ圭子(フード)
@sparrow_kei 
https://www.instagram.com/sparrow_kei/
吉本 宏(音楽選曲)
@monsieur_espresso 
https://www.instagram.com/monsieur_espresso/


>>>展示予定の作品原画より、いくつかご紹介


散歩の風景


赤と青の鳥


青い鳥の朝


猫と蝶と花


フクロウと花

木の下で(線画作品)

青い魚(線画作品)

>>>新作オリジナルアイテムもいろいろ販売!



麻キッチンクロス「フルーツ」


麻キッチンクロス「musica 鳥の音楽」



ガーゼタオルハンカチ2種


注染てぬぐい各種



正方形のグリーティングカード(封筒付)



一筆箋いろいろ



ポストカードいろいろ


包めるハンカチ


かや生地ふきん


2021-05-07 | Posted in blog, column コラム, exhibitions 個展, information お知らせComments Closed 

 

日本の手仕事・暮らしの道具店
cotogotoの愛用品じまん に商品掲載

KADOKAWAから2021年4月30日発売の書籍、
「日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto の愛用品じまん」
にアトリエ・フォークの商品が掲載されています。

cotogotoは日本の手仕事や暮らしの道具を扱うお店で、
東京・高円寺の実店舗のほかオンラインショップも大人気。
アトリエ・フォークの商品では以前より、
注染手ぬぐいやハンカチ、キッチンクロスなど扱っていただいています。

今回、リネンキッチンクロス「musica 鳥の音楽」を
P46からの特集記事「暮らしの道具徹底比較(ふきん編)」
の中で取り上げていただいています。
ぜひご覧ください。

amazonでの発売はこちら

 

 

 

今回取り上げていただいたリネンキッチンクロス「musica 鳥の音楽」。
麻100%、明るいデザインのアイテムです。

 

 


 

アトリエ・フォークの暮らし
アトリエのイメージ動画完成!

アトリエ・フォークのイメージ動画が完成しました
https://www.youtube.com/watch?v=-wrwCsTiTvs

アトリエ・フォークの暮らし
Life in Atelier FOLK
切り絵作家YUYAとパン・お菓子研究家スパロウ圭子の活動拠点、
東京中野のアトリエ・フォークでの仕事と暮らし
Atelier FOLK is the studio of YUYA and Sparrow Keiko in Nakano,
Tokyo Japan. YUYA is a paper-cutting-artist,
Sparrow Keiko is a culinary expert of bread and confectionary.
VIDEO
Director: TAKANORI SASAKI(neru lab)
https://nerulab.com
MUSIC
Mt.Sleep「Simpatico」
Sax: SHUNTARO OISHI
Bongo: MUUPY
Bass: digi
Guitar: Mt.Sleep
Copyright: Atelier FOLK Tokyo JAPAN 2020

切り絵作家YUYAと
パンお菓子研究家スパロウ圭子の拠点
東京中野の一軒家、アトリエ・フォーク。
この家で仕事しながら暮らす自分たち。
今この時点の日々のようすが
イメージ動画になりました。
撮影・制作は映像作家ネル・ラボさん。
楽しい撮影になりました。
音楽はミュージシャンでもあるネル・ラボさんが
メンバーの方々と新たに録音して下さいました。
(ローリンド・アルメイダとバド・シャンクの1958年アルバム曲のカヴァー)
2020年アトリエ・フォークの記録。
 ・


2021-04-13 | Posted in blog, column コラム, information お知らせ, media メディア掲載Comments Closed 

 

麻キッチンクロス「フルーツ」【2021新商品】

 

麻キッチンクロス
fruits フルーツ

麻100%(リネン50% ラミー50%)

切り絵作家YUYAのオリジナルデザインのキッチンクロスが完成しました。
リネン50%・ラミー50%の日本製キッチンクロスで図案タイトルは「フルーツ」。
明るく華やかで、キッチンを明るくしてくれる楽しいデザインと色合い。
ご自宅で、贈り物にもぜひご利用ください。

———————————————————–

fruits フルーツ

りんごや洋梨を思わせるフルーツが並んだデザイン。
一つ一つ、実や葉っぱのかたちが違い、楽しいリズム感があります。
60~70年代のインテリアや北欧のテキスタイルなどから
インスピレーションを受けて生まれた図案です。

生地は麻100%で、リネンとラミーが50%ずつの配合
(別商品リネンキッチンクロス「musica 鳥の音楽」はリネン100%)。
今回の「フルーツ」はふんわりとした風合いがある生地です。

麻100%の生地を使い、日本で丁寧に作られたキッチンクロス。
北欧のキッチンクロスのようにシンプルで明るい絵が描かれた商品は、
日本製ではあまり見かけないように思います。
そこでアトリエ・フォークでは新たに日本製の
キッチンクロスを作りたいと考えました。

台所仕事を明るく楽しく楽しくする図案、汚れも落ちやすく、
使い込むほどに柔らかくしなやかになる麻100%のキッチンクロス。
長くお使いいただければうれしいです。

———————————————————–

企画・販売:アトリエ・フォーク
デザイン: YUYA (Atelier FOLK)
大きさ:約45センチ×60センチ
素材:麻100%(リネン50%・ラミー50%)
右上に引掛けループ付き
日本製

color
・イエロー × グリーン
・ブルー × パープル

———————————————————–

アトリエ・フォークwebshopで販売(4/16から販売予定)
定価:1980円(税抜き1800円)
https://atelierfolk.thebase.in

 

お店の方へ

卸売もご対応いたします。
商品カタログお送りできますので、
お気軽にお問い合わせください。
メール info@atelier-folk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ガーゼタオルハンカチ2柄【2021新商品】

 

ガーゼタオルハンカチ
Gauze & Towel Handkerchief

切り絵作家YUYAのオリジナルデザインのガーゼパイルタオルハンカチ。
表面は吸水性の良いガーゼ、裏面はタオル生地で丁寧につくりました。
手を洗う機会が増えたなか普段使いのハンカチに便利です。

———————————————————–

デザイン2柄

●波紋 はもん(ブルー)
水面に広がっていく波紋を描いた図案。

●4羽の鳥(グリーン)
違う姿勢をとる4羽の鳥を描いた図案。

———————————————————–

仕様

サイズ:約25cm×25cm
綿100%・日本製
生成り生地
4つ折りでOPP袋入り

———————————————————–

アトリエ・フォークwebshopで販売(4/16から販売予定)
定価:825円(税抜き750円)
https://atelierfolk.thebase.in

 

お店の方へ

卸売もご対応いたします。
商品カタログお送りできますので、
お気軽にお問い合わせください。
メール info@atelier-folk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

正方形のグリーティングカード5柄【2021新商品】

 

正方形のグリーティングカード
Greeting Card(Square Type)

切り絵作家YUYAの作品を使った、2つ折り正方形のグリーティングカード。
内側は白無地。封筒が1枚付いています。
贈り物と一緒にお祝いのメッセージを添えたり、季節の挨拶に使ったり。

* 付属の封筒で郵便として送る場合は定形外となります
(2021年4月現在、120円切手が必要)

———————————————————–

仕様

二つ折り・たたんだサイズ 118×118mm
オフセット印刷
アラベール紙 200kg
内側メッセージ記入面は白無地
封筒付き(サイズ 125×125mm)
OPP袋入り

———————————————————–

デザイン5柄

●HOPE
●ワルツ Waltz
●野の花 Wild Flower
●朝食の時間 Breakfast Time
●猫 Cat

———————————————————–

アトリエ・フォークwebshopで販売(2021年4月12日発売)
定価:385円(税抜き350円)
https://atelierfolk.thebase.in

 

お店の方へ

卸売もご対応いたします。
商品カタログお送りできますので、
お気軽にお問い合わせください。
メール info@atelier-folk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

一筆箋2柄【2021新商品】

新柄2種
左(紫+青):「フルーツ」はがきサイズ
右(ニワトリの絵):「朝のコーヒー」縦長サイズ

 

一筆箋  新柄2種
Letter Paper

切り絵作家YUYAの作品を使った一筆箋。
贈りものにちょっとしたひとことを添えるのにも便利なアイテム。
バラの状態で同柄が20枚セットになった商品です。

———————————————————–

仕様

はがきサイズ商品: 100×148mm
縦長サイズ商品:75×170mm

片面オフセット印刷・上質紙
同柄20枚入り
OPP袋入り

———————————————————–

新柄2柄

●フルーツ(はがきサイズ)
●朝のコーヒー(縦長サイズ)

———————————————————–

アトリエ・フォークwebshopで販売(2021年4月12日発売)
定価:385円(税抜き350円)
https://atelierfolk.thebase.in

 

お店の方へ

卸売もご対応いたします。
商品カタログお送りできますので、
お気軽にお問い合わせください。
メール info@atelier-folk.com

 


はがきサイズの「フルーツ」。

 


現在販売中のはがきサイズの一筆箋。すべて罫線入り。

 

 

 


縦長サイズの「朝のコーヒー」。

 


現在発売中の縦長サイズの一筆箋。
こちらは罫線なしのため、文章は縦書き・横書きどちらも可能。

 

 


 

晴助産院シンボルマークデザイン

 

関西で開業される助産院のシンボルマークのデザインを担当しました。
屋号は「晴(はる)助産院」。
このマークを作ったのは実はすでに1年前。
感染症の現状もあり、最近になって活動を始めることにされたそうです。
あらためて、おめでとうございます。

晴(はる)。不安や心配でどんよりする時も、
晴れ間がのぞくような活動を目指して名付けた屋号だそうです。
「母と子が寄り添うようす」がご希望のメインモチーフ。

晴れた空の色合いを使い、平和で明るい雰囲気に。
図形を組み合わせるようにして手描きでスケッチを重ねてから、
イラストレーターでデータ化して仕上げました。
モノクロにしてもマークとして成り立ちます。

 

晴助産院シンボルマーク

抱っこ・おんぶ・授乳ケア、育児支援や相談、産後ケアや妊婦教室など、
訪問型の助産院を運営する「晴助産院」のシンボルマーク。
育児に関する心配や悩みを持つ人の心が晴れるような
支援を行うことをコンセプトにした活動イメージを表す
「晴れた空」の色合い(青空=青、太陽=黄色、雲=白)。
ご希望のモチーフである「母と子」が優しく寄り添う図案を配して構成。
(2020年3月末作成)

 

晴助産院インスタグラム
https://www.instagram.com/haru.jyosanin/

 

 

 


 

済生会横浜市東部病院広報誌
とーぶたいむ30号 表紙イラスト

横浜市鶴見区にある病院「済生会横浜市東部病院」の広報誌
「とーぶたいむ」がリニューアルされ、表紙イラストを担当しています。
スタートとなる第30号が出ました。
今後も継続して表紙を担当予定です。

この病院内でのみ手に取っていただけるフリーペーパーですが、
病院のウェブサイトにもデータで見て頂けるようになっています。

リンクURLはこちら
https://www.tobu.saiseikai.or.jp/ebook/ndc24788507/HTML5/pc.html#/page/1

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

●表紙画のことば

春の音  作品と文:YUYA(2021年3月・切り絵)

ひとが優しく鍵盤に手を置くと、透き通るような旋律が生まれる。
音は花びらとなり、舞い上がり、新しい流れをつくり出す。
それは希望に満ちた春を知らせるような音楽だった。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

病院の広報誌なので医療コラムが中心ですが、今回から音楽コラム「優しい音楽が聴こえてくる」もレギュラーで始まっていて、友人の吉本宏さんが担当されています。今回は「春とピアノとこころの関係」。吉本さんは音楽文筆家・選曲家。今回のぼくの仕事は、吉本さんの書かれた文章をぼくが読ませてもらい、そのイメージをもとに表紙の作品をつくるというコラボレーションでもあるのでぜひ上記URLから読んでみてください。

そう、吉本さんはぼくの個展でも会場音楽を選曲してくださっています。もともとぼくの最初の個展で出会い、音楽で意気投合して仲良くなった友人。吉本さんの文章は、音楽を専門的に知らなくても情景や空気感が自然にイメージできるような読む人に優しい内容。

そして、全体のアートディレクション+デザインを手がけているのは、アーガイルデザイン宮良当明さん。あたたかみのある手のしごとの質感が欲しかったそうで、嬉しいお仕事の誘いでした。

吉本 宏 https://www.instagram.com/monsieur_espresso/
アーガイルデザイン https://argyledesign.co.jp

10年以上前に出会ってから、ずっと仲良くしてもらってきた先輩の宮良さん・吉本さんと、こうして三人で一つのオフィシャルな仕事に関わって何かをつくることも初めてで不思議な感覚、とても嬉しい。なんとも言えない安心感があります。ぼくも横浜出身だったり、3人とも横浜にゆかりがあるメンバーです。今後ともご覧いただければ嬉しいです。

 

 

 

 


 

ウェブサイト「北欧、暮らしの道具店」
読みもの「レシート、拝見。」掲載

先日取材を受け、オンラインショップも兼ねた人気サイト
「北欧、暮らしの道具店」の【レシート、拝見】という
読みものコーナーに掲載されました。

 

北欧、暮らしの道具店
読みもの【レシート、拝見】
「音楽好きが寄り道しながらたどり着いた場所」
https://hokuohkurashi.com/note/226911

 

普段の生活で買い物をしたレシートから、
読み解く暮らしや考え方。
こんなにCD買ってたんだと我ながら驚いたり。

いろんな寄り道や遠回り?をして今の自分があるのだと思います。
全部が偶然でありながら決まってたのかもしれない。
予想通りではないから人生は楽しいのかも知れないですね。

楽しい取材でしたが、取材を受けると今までこうだったんだ、
と振り返る時間にもなりなかなか良いものです。
どうぞお読みください。

 


2021-03-13 | Posted in blog, column コラム, information お知らせ, media メディア掲載Comments Closed 

 

まいにち株式会社 壁に飾る防災
「アートトワレ」イラストレーション


採用された「青い鳥」は2019年の作品

 

防災用品で知られる大阪の企業 まいにち株式会社の商品で
断水時にも使える災害用トイレ「マイレット」。

このマイレットを収納しながら飾れるアートパネル商品
「アートトワレ」が同社から発売されました。
写真やイラストなどさまざまなカバーアートのうちの一つとして、
作品「青い鳥」を採用いただきました。

水や非常用食糧に比べて備えが後れがちな非常用トイレ。
アート作品を楽しみながら用意しておいてはいかがでしょうか?

アートトワレの専用オンラインショップもあり、
2月8日から発売がスタートしています(1,600円+tax)。
フレームサイズは170mm角の正方形、厚さ25mm。

 

◎アートトワレ 公式サイト

停電や断水など災害時はトイレが使えません。
〈アートトワレは災害用トイレセット〉突然の停電や断水などの緊急事態に備え、
リスクを減らす生活を。アートはわたしたちの暮らしに寄り添う身近な存在。
たった1つのアートが災害時への備えと豊かな気持ちを運んでくれます。

http://www.artwalet.com
*オンラインショップも兼ねています

 

◎アートトワレ インスタグラム

その1 https://instagram.com/artwalet_fun
その2 https://www.instagram.com/artwalet/

 

 


厚みのある紙製の箱がフレームの役割を果たしながら、
この中に非常用トイレが収納されているという工夫された商品。

 

 


箱を開けると非常用トイレのセットが入っています。
フレームを壁に飾るためのフックも付属。

 

 


裏面には説明があります。
トイレは5回分入っています。

 

 


販売時のパッケージ。

 

 

 

 


 

年賀状2021

謹賀新年2021

いつも応援いただき誠にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
世界が少しでも良い方向へ向かっていきますように。

YUYA


 

1 2 3 4 5 10