B.LET’S 第18回公演フライヤーデザイン

劇団 B.LET’S(ビーレッツ)第18回公演
『あの日、「何もなかった」とは言えなくて。/ずっと4時』
フライヤーデザインを担当させていただきました。

前回、第17回公演「中ノ嶋ライト」のフライヤーデザインをさせて頂いたご縁で
劇作・演出の滝本祥生さんからのうれしい再度のご依頼でした。
前回の「中ノ嶋ライト」は、過去最高の来場者数を記録したそうです。
大好評の公演にデザインで関われてうれしかったです。


今回の内容は、
短編集『あの日、「何もなかった」とは言えなくて。』と
長編『ずっと4時』の2本立ての上演。
フライヤーの表現にも少し工夫が必要だと思って考え始めました。

今回いくつかのストーリーがあり、
共通しているのはカフェ(喫茶店)を舞台にした人間模様。

コーヒーの味って、店や淹れる人によってまったく違うし、
飲む人それぞれにコーヒーの好みって違うなあなどと思いながら、
それ自体が人間模様を表現できるモチーフかなと思いました。

イングリッシュガーデンなども出てくるお話もあったことからバックのモチーフに。
それぞれ違う顔をしたコーヒーカップを人に見立ててイラストを描き、
2本立てをわかりやすくするためにオレンジとブルーの2色を使って表現しました。
そして、背景にはコーヒーカラーを敷きました。
今回もイラストだけでなくデザインまで担当させていただきました。

劇団 B.LET’Sのファンの方や、出演される俳優のファンの方以外にも、
初めて演劇を観に行くような方々に「楽しそうだな・行ってみようかな」と
幅広く手に取ってもらえるものになると良いなと願ってデザインしました。


下北沢での公演、ぜひご覧ください!
チケットはすでに発売開始されています。
チケットや内容について、下記劇団のウェブサイトをご覧ください。
公演期間は3月21日(水・祝)から27日(火)までです。

◉劇団 B.LET’S(ビーレッツ)web
https://blets.jimdo.com

 

いつものカフェ、いつもの店内で、日々繰り返される人々の悲喜こもごも。
そこに広がる小宇宙。4つの短編で綴られる4つ心の分岐点、その先に待つものとは?
– 短編集『あの日、「何もなかった」とは言えなくて。』

変わりたいけど、変われない・・・
1日でもっとも中途半端でアンニュイな時間「4時」に、
まるでクラゲのように漂う人々の心模様。
– 長編作品『ずっと4時』

ありふれたカフェで生まれるあまたの物語、短編と長編を交互にお届けします。
一杯のコーヒーを飲むように、お楽しみください。

 

 

◉劇団 B.LET’S(ビーレッツ)ウェブサイト
https://blets.jimdo.com

 


関連記事