手ぬぐい「白い鳥」(新商品)

新しい手ぬぐいが染め上がりました。
タイトルは「白い鳥」。
大空に舞う白い鳥を大らかに描いた
縦・横どちらの方向にも使える図案です。

北欧デザインや、1960年代頃のモダンデザイン、民芸・・・
互いにつながり関わり合うこのデザインや造形の世界をフラットに眺め、
さまざまな楽しい影響をもらいながら自分の中で再構成し、
あたたかく美しいデザインを作りたいとぼくは願っています。

いま自分が描きたい、自分の中から出てくるカタチ。
それを素直に、自然に、楽しく図案にしました。

染色方法は、日本の伝統的な技法「注染」。
日本では昔から、浴衣や手ぬぐいなどが注染で染められていて、
何枚も布を重ねた状態で染料を注いで染めることからそう呼ばれます。
デザインを自分で行い、手ぬぐい制作は大阪のスタジオ・ワットさんにお願いしました。

色はブルー(深みのあるフレンチブルーのような水色)と明るいグレーの2色。
手ぬぐいやクロスとしてまもちろん、インテリアとしてもお楽しみください。

中野のぼくたちの拠点・アトリエ・フォークでは、
12/2(土)のオープンアトリエ(毎月第一土曜・11時〜)から発売を開始します。
この手ぬぐいのほか、作品やデザイングッズ、
食のアトリエ・スパロウの天然酵母パンやジャムもご用意していますので、
ぜひ、中野のアトリエの月に一度のお店へいらしてください。


◉ 手ぬぐい「白い鳥」 定価 1700円+tax

大きさ:約37センチ×90センチ
染色技法:注染

デザイン&プロデュース: YUYA / Atelier FOLK
手ぬぐい制作:Studio Watt

お取引のあるお店様への販売につきましては年明けからとさせていただきます。
どうぞご了承ください。


 


深みのあるフレンチブルーのような水色と、
明るい雰囲気のグレーです。

 

 


全体写真。サイズは幅37センチ×長さ90センチほど。
鳥がたくさん描かれていて、右下には一つだけ植物。

 

 


パッケージした状態です。

 

 


関連記事