10羽の架空の鳥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お誘いがあり10月に参加するイベントへ出品のため、最近少しグッズ制作をしていました。改めて告知します。制作が久しぶりで懐かしいぐらいですが、10個だけ切り絵のマッチ箱を作りました。ほかにもペーパーコースターも久しぶりに手づくりしています。

実はこの鳥はB面で、オモテ面は別なフルーツモチーフです。ペーパーバックを切り抜いて生まれたこの鳥が自分としては気に入っています。2色に限った色使いは自動的に要素が削ぎ落とされて、心地良いリズムと空気感が出るからぼくは好きです。1枚ずつ切ると、少しずつカタチが変わってきます。1枚ずつ描くと、少しずつ顔も違ってきます。こうして10羽の鳥が生まれました。またこういう切り絵の作品を作りたくなりました。

絵に出てくる鳥について、よく「何の鳥ですか?」と聞かれるのですが、ぼくはそもそもハトとかツバメとか、「具体的に実在するあの鳥にしよう」と考えることのほうが少ないです。描いているうちに自分の中から生まれるから、これは「架空の鳥」と呼ぶことにします。


2016-09-21 | Posted in blog, paper-cutout 切り絵, products プロダクツ, works 作品集Comments Closed 

関連記事